02用語解説の最近のブログ記事

【用語解説】メモリとは?

メモリとは、簡単に言えば一時的にデータをとどめるための場所です。もっと簡単にいうと作業している机の上と思って下さい。

データ処理やタスクなど、机の上の作業が一杯になると、作業しにくくなりますよね?
それをPCに置き換えると「PCの動きが遅くなる」という事と同じ事になります。



マザーボード とは、パソコンの中心となる板の事です。
電気配線の施された板(基板)に、パソコンの各パーツを取り付けるための、専用のはめ込み部分が付いています。
この「マザーボード」にCPUやメモリ、グラフィックボード(後ほど説明します)など、各パーツが取り付けられ、それがケースに入ったものがパソコンになるという感じです。

【用語解説】CPUとは?

CPUとは「Central Processing Unit」の略で、中心的な処理装置として働く電子回路のことです。中央演算処理装置とも呼ばれています。

CPUはパソコンの内部に搭載されている装置の中で一番重要なものです。プログラムによって、様々な数値計算や機器の制御などを行っています。人間でいえば「脳」の働きに相当しています。

パソコンを買うときには、どのようなCPU(=脳)が入っているのかを知ることが大切です。人間でも頭の良さ(成績の良さ)で学歴が変わるように、CPUの性能でパソコンでできることが全く違ってくるからです。
自分のPCでやりたいことを
(ネットゲームメインだったり、文書作成がメインだったりなど)
まず想定し、その上でCPUを選ぶ必要があります。