マザーボードにCPU、メモリを取り付ける

動画はCPU・メモリの取り付け方法ですが、ブログでは
メモリの取り付け方法からまずご説明します。

【メモリの取り付け方】

1.本体を開き、マザーボードのメモリスロットを確認します。
メモリスロットは4箇所(4レーン)あります。そのうち1番、3番に挿しましょう。
※開く前に本体の電源を切っている事!

2.メモリスロットの左右にあるレバーを開き、製品側の凹部とメモリスロット側の
 凸部が合うように装着します。
間違うと基盤が割れたり、破損の原因になりますので注意しましょう!

3.凹凸のあわせを確認し、メモリがレバーで固定されるまでしっかり
 奥まで差し込みます。
(カチッと音がなるまでしっかり差し込みます。その際の注意として、マザーボードにかなりの加圧が想定されるので、破損しないように注意してください。不安定な場所での作業は厳禁です)

4.メモリスロットのレバーがメモリの切り欠きにはまり、
 固定されていることを確認します。
※ポイント!

5.パソコン本体のカバーを元に戻して完了です。